身長を伸ばすストレッチ方法とは?

ストレッチ以外で大切なこと

    

uishufgdfgdfdjhfdj

どんなに身長を伸ばすストレッチを毎日行ったとしても、必ずしも身長が伸びるというわけではありません。身長が伸びないのには遺伝やその他の要素が複雑に絡み合っていることが多いため、ストレッチだけで背を伸ばすのには限界があります。

そこで大切なのは、ストレッチをしっかり行いつつ、生活習慣や食習慣を見直すこと。これらがしっかりしていなければいくら一生懸命ストレッチを行っても効果は半減してしまうのです。

身長を伸ばすためには1日8~9時間ほどの睡眠時間を取ることとバランスの良い食事をしっかり取る事が大切になってきますが、このことが身長を伸ばすこととどう関わってくるのかを詳しく見ていきましょう。

必要なのは睡眠時間とバランスの良い食事

寝る子は育つといいますが、まさにそのとおりで、成長ホルモンは22時~翌朝2時までの間の就寝している間に分泌されます。そのためその時間寝ていなければ寝ていない時間の分だけ成長ホルモンは減ってしまいます。

そのため夜は10時までには就寝するのが望ましいのですが、それが無理な場合は遅くても12時までには就寝するように心がけます。

栄養素に関してはこれを食べたら必ず身長が伸びると明言できる栄養素は実はありません。しかし、タンパク質やカルシウム、マグネシウムなどの栄養素が身長を伸ばすためには必要なので、これの入った食品を積極的に摂取する事が肝心です。

しかし、そればかり食べ過ぎると逆に他の栄養素を取る事ができなくなり、栄養のバランスが偏ることになるため、栄養が偏らないようにバランスの良い食生活を心がけた上で、成長に必要な栄養素を追加するという形で食事をするのが一番です。

仕事が忙しかったり、朝寝坊して学校へ遅刻しそうなどというときは朝食をつい抜いてしまうなど食事のバランスが偏りがちですが、早く寝て早起きすることで朝ごはんをしっかりと食べることができるため、学業成績を上げるためにも、身長を伸ばす意味合いでも早寝早起き、朝ごはんは最適です。

食事は朝食に限らず昼もよるも摂取します。昼ごはんは給食などでバランスの取れた食事を取る事ができますが、なかなかバランスが取れた食事が出来ないと言う人には、足りない栄養素を補う意味でサプリメントや栄養補助食品などで補給すれば、身長を伸ばす効果もアップします。